応用地震学研究室
纐纈 一起 こうけつ かずき慶應大学政策・メディア研究科東京大学地震研究所

ホーム トピックス 人々 研究活動 教育活動 Data/Codes リンク集 English
作られた年の順に公開のコードやデータを紹介します.
  1. reflectivity法による地震動合成(1984~1985年)
  2. Etermと「MS-DOS」(1986~1989年)
  3. pseudo-bending法によるレイトレーシング(1991~1998年)
  4. 日本付近のおもな被害地震年代表(2001年~)


reflectivity法による地震動合成

reflectivity法に基づいて水平成層構造(1次元構造)内の点震源による完全な地震動を計算するためのFortranコードを開発しました(Kohketsu, 1985, J. Phys. Earth, 33, 121-131,図1).コードやサンプル入力データなどのパッケージを長くftp.eri.u-tokyo.ac.jpで公開していますが,下記にも置きました.論文に必要にして十分なことが書かれていますが,理論や定式化のより詳細な説明は『地震動の物理学』の2.2節や3.1節にあります.また,デモンストレーションとしてCygwin(Windows上のLinux環境)でコードをコンパイルし,ふたつのサンプルデータを用いて地震動を計算した結果(波形が下図)のパッケージも置きました.

図1. Kohketsu (1985)によるJournal of Physics of the Earth論文の冒頭.


Etermと「MS-DOS」

図2の寄稿に書きましたように,助手時代には担当していた業務や研究とは別に,「コンピュータに強く関連する担当業務と、生来のオタク的性格が相俟って、当時創成期だった『パソコン』を業務に生かす、みたいなこともやって」いました.その中でEtermと呼ぶ,大型計算機TSS への通信ソフトを開発し,東大大型計算機センターのセンターニュースで公表したところ(纐纈, 1986など),非常に多数のユーザが得られ,他大学の大型計算機センターでは複数の派生版が作られました.
そのため,大型計算機センター長会議で評価され,1990年のプログラム創造賞をいただきました.ただし,通信や画面入出力は当時主流だったNECのパソコンPC-9800シリーズのハードウェアに強く依存しており,現在のPCではWindowsのコマンドプロンプトでも動作しません.しかし,歴史的な価値はあると思われますので,いくつかの版のC言語ソースコードを下記に置いておきます.
Etermの開発で得た知識や経験に基づいて,当時のパソコンのOSであるMS-DOSの構造やプログラムとのインタフェースを解説するという観点で書いたものが,共立出版のOSシリーズ第4巻「MS-DOS」です.1988年に初版ですが,いまだに中古品がアマゾンのサイトにあがっており,「MS-DOSに関する解説書の金字塔」というカスタマーレビューをもらっています.その中のサンプルプログラムのC言語ソースコードも同じく下記に置きました.

図2. CIDIRニュースレター39号の「鷹野先生のご退職に寄せて」への寄稿.


pseudo-bending法によるレイトレーシング

pseudo-bending法に基づいて地球の球座標系おける地震波レイトレーシングを行うためのFortranコードを開発しました(Koketsu and Sekine, 1998, Geophys. J. Int., 132, 339-346,図3).連続的な構造と不連続面のある構造においてレイトレーシングを行うパッケージを下記に置きました.それらにはCygwin(Windows上のLinux環境)でコードをコンパイルし実行した結果が含まれています(前者の中の波線が下図).論文に必要にして十分なことが書かれていますが,理論や定式化のより詳細な説明は『地震動の物理学』の3.2.2~3.2.3節にあります.

図3. Koketsu & Sekine (1998)によるGeophysical Journal International論文の冒頭.


日本付近のおもな被害地震年代表

表の説明文は次の通りです.

1884年以前については『日本被害地震総覧599–2012』(宇佐美・他,2013; 以下,総覧)に番号付きで掲載された地震を中心に,最新の研究成果などを取り入れて追加や削除を行った.1885 年から1922年までは『地震の事典』(茅野・宇津,2001)の「日本の主な地震の表」(以下,事典)から,1923 年以降は気象庁が公開しているデータから選んだ.平成17年版より,1885年以降の地震を選ぶ基準を原則「死者1名以上または家屋等の全壊(潰)1以上または津波規模1以上」とした.

各地震の諸元も1884年以前は主に総覧からとっており,一部が『地震活動総説』(宇津,1999; 以下,総説)に基づいている.1885年以降は事典と気象庁の公開データによるが,後者では時刻を分に,緯度・経度を小数点以下第1位に丸めている.諸元のうち年月日は最初に西暦(常にグレゴリオ暦),かっこ内に日本暦を示した.日本暦において改元日以降は新元号を用いるが,地震の名称と矛盾するときは< >付きで旧元号年も付記した.震央の北緯・東経に続く記号MはMJ相当のマグニチュードを表す.また,平成23年版よりグローバルCMTプロジェクトによるモーメントマグニチュードを記号Mwとともに併記した.ただし,*印は防災科研や文献の値.遠地津波の項にある記号Msは震源の表面波マグニチュード.Mのあとの3などの数字は宇津の被害等級である.

地域は1884年までは被災地等であり,1885年以降は震央地名(1919年以降は気象庁の区分)を表す.名称は主に『地震学』第3版(宇津,2001; 以下,地震学3)に従い,最近のものは気象庁の命名によった.被害摘要は旧版被害地震年代表や総覧,総説,事典,地震学3,消防庁災害情報などをもとに記述した.1996年以降の震度は計測震度.全壊,半壊などは棟数を表す.1872年以前の記事に現れる日付は,原則として日本暦に対応する.記事の最後の[ ]内は今村・飯田による津波規模である.被害等級,津波規模,種々のマグニチュードについては地震関係公式諸表を参照.被害摘要は概ね5年経過で確定する.

以下に表を5つに分けたものを置きました.左側が歴史地震部分.

2005年08月04日
2009年07月08日
2022年06月04日